理科

最近の理科の入試傾向を見ると、ただ単に暗記に頼る学習方法や、覚えた公式を問題に当てはめるテクニック至上主義の学習方法では対応できなくなってきています。
そのような学習方法を続けていたのでは、いずれ行き詰まってしまうことは避けられないでしよう。

各教科とも、基本事項・公式を徹底的に理解することは確かに必要なことですが、大切なのはそれらを土台にして、論理性と実証性を把握する学習姿勢を身に付けることなのです。
この学習姿勢を身に付けられるかどうかが、理科を克服するカギを握っているといっても過言ではありません。
逆に、これを身に付けてしまえぱ、高得点を取る最短コースに乗っかったのも同然なのです。

以上のことを踏まえ、豊竃な問題演習をこなしつつ、基本法則・原理の深い理解から理科の本質ヘ迫る授業を展開していきます。

自然科学の法則の理解と徹底的な問題演習を通して、春の栄冠をつかみましょう!

講座名・レベル 講  座  内  容

物理

標準

こんな人に
  • センター・2次・私大各試験で物理を得点源にしたい人。
  • 入試に向けての基礎力を定着させたい人。
分野内容
  • 物理Ⅰ・Ⅱの分野を学習していきます。
  • 基本法則・公式の理解を図り、さらに問題演習を通して入試に必要な応用力を養成していきます。

化学
化学基礎

標準

こんな人に
  • センター・2次・私大各試験で化学を得点源にしたい人。
  • 入試に向けての基礎力を定着させたい人。
分野内容
  • 化学・化学基礎の分野を学習していきます。
  • 基本法則・公式の理解と正確なイメージ付けを図り、さらに問題演習を通して入試に必要な応用力を養成していきます。

生物
生物基礎

標準

こんな人に
  • センター・2次・私大各試験で生物を得点源にしたい人。
  • 入試に向けての基礎力を定着させたい人。
分野内容
  • 生物・生物基礎の分野を学習していきます。
  • 基本法則の理解と正確なイメージ付けを図り、さらに問題演習を通して入試に必要な応用力を養成していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする