合格者の声

首都大学東京・都市教養    S・Y

今回の合格は、自分自身の長所・短所を上手く照らし出せたことによるものだと感じています。「一発の集中力は有るが、持続力は無い」「十二分な答案を作るだけの力はあるが、制限時間内にまとめるための取捨選択能力が無い」ってな具合に。私は二度受験に失敗して、この予備校に通い始めました。過去2年との違いは、観察し比較できる他人がいる。つまり、私自身の長所・短所を明に暗に示してくれる他人がいるということです。自分自身を知るためには、他人を観、他人と話し、他人と比較すること-「他者は自身を映す鏡」という言葉を身をもって知ることのできた面白い一年でした。

北海道教育大学・旭川校    I・Y

浪人生活は、勉強が大変で、面倒くさく感じたり、もうだめだと思ったりすることがしばしばあったけれど、自分には目標があったから何とかやっていく事ができました。予備校での成果を出すためには、まず先生がやれと言った事は必ず実行して、余裕が出来たら、自分で何か出来ることをしていれば大丈夫。あと一番重要なのは、授業は一番前の席で受ける事です。というわけで、先生を信じて、気合と根性でやっていけば成果は出ます。

鶴見大学・歯学部       M・K

浪人が決まった時は、とても不安でした。これから一年間どのように勉強をしていけば良いか自身がなかったからです。

しかし、創学館予備校の入学説明会で言われた先生の言葉から、これからの勉強に対する姿勢を見つめ直し、意欲をもって勉強することができました。
先生のアドバイスと仕上げ頃には志望校対策として作って頂いたテキストに基づいて勉強をして、一年間はあっという間に過ぎ、見事合格することが出来ました。

亜細亜大学・法学部      K・Y

僕は、創学館予備校に入学して、変わったことがいくつかあります。一番大きかったのは予備校のイメージです。
入学する前は「朝から晩まで休憩もなく勉強しっぱなし」というものでした。しかし、実際は違いました。
きっと自分が一年間通うことを続けれたのもここにあると思います。

次に授業についてです。今まで自分が知らなかった受験生なら知っていなければならない知識を知ったとき、現役時代の自分の受験に対する意識の低さを痛感しました。

最後に、先生方はすごく熱心で、それにいい意味でラフで親しみやすいと思いました。本当に創学館予備校に来て正解だったと思いました。
ここで、「自分から学ぶ」という受験にとって大切な考え方も身についたと思います。

本当にありがとうございました。

名寄市立大学・看護学部    K・S

初めはビデオを見る塾に通っていましたが、そこでは真面目に勉強できず、直接教えてくれるこの予備校にしました。

通い始める前はまったく勉強が出来なかったのですが自然に自分で勉強するペースが身につき、みるみる成績が伸びていきました。
一人一人に合わせて指導をしてくれて、私にとって力強い存在でした。創学館は自分にとってとてもよい環境でここで学んできたから合格したんだと思います。
勉強以外のことでも相談に乗ってくれたりいろいろな面でお世話になりました。

感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

東京農工大学・獣医学科    M・H

私が現役のときは学校での授業を大切にしていました。単に好きな先生がやっているという理由だったけど。
志望校を決める際、私は現役で大学に合格したいと焦ってしまい、見事に散りました。

浪人してからは、自分の将来について考える余裕ができて、焦りが一気に吹き飛びました。
詰め込み勉強ではなく、苦手な分野を徹底的にやり、休むときはきっちり休み結構充実した毎日を送っていました。
先生方は時々キツイ事も言いますが、それも愛の鞭。それくらいの刺激がないとだらけちゃうから。

少人数なので授業では少しも気を抜けなかったです。ただ、授業以外では先生方はフレンドリーで様様な事について話をし、リラックスすることができました。

とにかく、勉強と休憩の切り替えをきっちりすること。後は個人の努力次第。夢に向かってがんばれ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする